旧耐震の危なさ

旧耐震って本当に危ないの?

建物の耐震性の話をする時によく、「新耐震」「旧耐震」という言葉が出てきて、「旧耐震は危ない」という話を聞くんだけど本当なの?

あなたの建物はいつ建てられていますか? 1981年を境に大きく変わっています。

図:1981年を境に大きく変わっています。

日本の建築基準法は1950年に制定され、その後数回の大地震を経験し、その都度、耐震性能の向上を目的として変遷を重ねてきました。1971年に改正された施行令では、柱の帯筋を増やすことによって柱の粘りを確保するように耐震規定が強化され、1981年に施行された新耐震設計基準により、耐震性能は大きく向上しました。

旧耐震と新耐震の比較

地震規模 旧耐震 新耐震
中(震度5強程度)
大(震度6強程度)

「新耐震基準」では、震度5程度の地震では建物の機能を保持でき、震度6~7クラスの地震でも倒壊することなく人命の保護を図ることを目標として設計しています。

旧耐震は危ないです。

旧耐震は危ないです。

Is値とは構造耐震指標のことをいい、地震の力に対する建物の強度、靱性(じんせい:変形能力、粘り強さ)、経年劣化等を考慮し算出する値です。

図:1981年を境に大きく変わっています。

大地震が発生したとき、Is値0.4以下の建物が中破以上の被害を受ける確率

大地震が発生したとき、Is値0.4以下の建物が中破以上の被害を受ける確率

『地震による建物倒壊で、建物オーナーが責任を負った事例あり』

判例1

神戸地裁・平成11年9月20日判決
阪神・淡路大震災で賃貸マンションの1階部分が倒壊し、1階部分の賃借人が死亡した事故について、マンションの設置の瑕疵を認め、賃貸人・所有者に対して土地工作物責任を肯定し、7名に対して合計約1億2900万円の損害賠償を命じた事例。

判例1

神戸地裁・平成10年6月16日判決
阪神・淡路大震災で崩落したホテルの宿泊客が崩落部分の下敷きとなって死亡した事案において、ホテルの設置に瑕疵があったとして、ホテルの所有者に対して、被害者2名分の合計約1億100万円の損害賠償を命じた事例。

まずはご相談ください!

お問い合わせはこちら

TOPへページの先頭へ