東急電鉄ポリシー

『災害に強い街づくりを目指して』

 当社では「安全」を事業の根幹とした安心で快適な建物を提供するというコンセプトのもと耐震サポートサービスを展開しており、2011年に発生した東日本大震災以降の社会的意識の高まりもあり、よりいっそう震災に強い街づくりを目指して取り組んでおります。
 私達は多摩田園都市の開発で60年間培ってきた街づくりや再開発事業、建物オーナーとして得てきたノウハウなど、沿線の皆様や自治体と共に信頼関係を築いて参りました。「かゆいところに手が届く」サービスを沿線の皆様に提供することで、沿線の耐震化・リニューアル、ひいてはまちの活性化・魅力向上に繋げ、新しい価値創造をする事で、「日本一住みたい沿線 東急沿線」を実現していきたいと考えております。

東京急行電鉄株式会社 取締役 専務執行役員 都市創造本部長 渡邊 功

写真:常務取締役 都市開発事業本部長 渡邊 功

スタッフ一覧

まずはご相談ください!

お問い合わせはこちら

TOPへページの先頭へ