補強工事に関するQ&A

補強設計までは終わったんだけど…

  • 施工会社はどのように選べばよいの?
  • 建物を使いながら工事ってできるの?
  • 耐震補強工事をするときに一緒に修繕工事もした方がよいの?
  • 補強工事に合わせ別の工事をする場合どこまでが助成金対象範囲になるの?
  • 補強工事を何回かに分けて実施することはできるの?
  • 補強計画が気に入らない場合どうすればいいの?

東急電鉄がお悩みを解決!

工事前のお悩み例 1  施工会社はどのように選べばよいの?

<ご回答>
補強設計の内容によって工事ができる施工会社が変わってきます。また施工会社によって金額も変わってきますので、お客様の要望に応じ施工会社選定のサポートをさせていただきます。

工事前のお悩み例 2 建物を使いながら工事ってできるの?

<ご回答>
補強箇所や、工事中に利用したい範囲によっては、建物を使いながら工事をすることも可能です。ただし、建物を使いながらの工事は工事期間が長くなり工事費用が高くなる傾向がありますので、お客様の要望に応じ施工会社選定のサポートをさせていただきます。

工事前のお悩み例 3 耐震補強工事をするときに一緒に修繕工事もした方がよいの?

<ご回答>
補強工事の際は、施工箇所(フロア)を立ち入り禁止にする場合や、外部に足場をかけることが多いため、耐震補強工事に合わせ外壁の改修や屋上の防水、水廻りの更新等を行うお客様が多くいらっしゃいます。補強工事と同時に行うと効率がよい修繕工事をご提案させていただきます。

工事前のお悩み例 4  補強工事に合わせ別の工事をする場合どこまでが助成金対象範囲になるの?

<ご回答>
耐震性能の向上に寄与する工事や耐震補強工事に付帯する工事は基本的に助成金対象となりますので、まずはご相談ください。

工事前のお悩み例 5 補強工事を何回かに分けて実施することはできるの?

<ご回答>
補強計画によりますが、例えば、共用部と専有部で時期を分けて補強工事をすることは可能です。段階的な補強工事に対しても助成金を利用できる場合もありますので、ご相談ください。

工事前のお悩み例 6 補強計画が気に入らない場合どうすればいいの?

<ご回答>
助成金を利用する補強工事において、補強設計の内容を大幅に変更する際は、補強設計時に取得した評定機関による設計の評定を取り直す必要があります。補強設計の最初の段階で補強計画に関する要望を設計者にきちんと伝えることが大切です。

まずはご相談ください!

お問い合わせはこちら

TOPへページの先頭へ